新発売。読売新聞などマスコミでも話題の『電気ブランケーキ』

稲毛には、浅草の神谷バーや茨城の牛久シャトーの創設者「日本のワイン王・神谷伝兵衛」が大正7年に建てた別荘洋館があります。現在は、「市民ギャラリー稲毛」が管理し、リニューアルオープンして一般公開されています。(浅間神社より少し千葉寄り、拝観無料)

葡萄を模った天井飾りや欄間など、ワインを愛した神谷氏らしい室内意匠も見どころのひとつです。
 これにちなみ、オリジナルの『電気ブランケーキ』を西千葉のカフェ【珈琲とワインのある暮らし25
】との共同開発により新発売いたしました。
 原料にこだわった手作りのケーキは、なつかしいような素朴な味わいと、甘い電気ブランの香りが広がります。1
袋432
円です。(ご来店の前にあらかじめお電話頂きましたら、お取り置き致します)


カフェと共同でスウィーツを作りました。

西千葉のみどり台にある話題のカフェ「珈琲とワインのある暮らし-25-ヴァンサンク」と3種の緑茶焼き菓子を共同開発しました。

【抹茶ビスコッティ-HOZUI-】1個194円

新バージョンのHOZUIは生地に抹茶を練り込み千葉市産の上質な落花生を粒ごと入れて焼きました。香ばしく、抹茶の風味際立つスウィーツに仕上げました。

【煎茶さぶれ】1個194

 抹茶の生地に宇治産の「冠茶-かぶせ-」を微粉末にして練りこみました。お茶の旨みとコク・爽やかさの感じられるスウィーツです。

【抹茶ぼうる】5粒入り432

 宇治抹茶を生地に練り込み、抹茶入りのお砂糖を纏った、ほろっとした食感のスノーボールです。

 


稲毛が一番熱い日 稲毛浅間神社の大祭

稲毛が一年で一番賑わう「稲毛浅間神社大祭」まで、もう半月ですね。

今年も7月14日、15日、せんげん通りは、600軒以上の屋台で埋め尽くされます。

 

当店では恒例の『冷し抹茶』1杯100円、『お茶屋の抹茶を使ったかき氷』1杯200円で販売いたします。

この日だけ特別にお作りする味は、おかげさまで大人気で、これを楽しみに毎年来てくださるファンの方もいらっしゃいます。

 

14日は12時から、15日は朝8時から店の前のテントにて販売致します。人通りが空いているのはだいたい4時位まででしょうか。ぜひ人の少ないうちにのんびりと一服して頂ければと思います。

 

稲毛園では今年も夏のギフトをご用意しました。

そのなかから、甘さ控えめの冷たい和菓子《焼きもっちり》をご紹介いたします。

 

焼き皮がもちもちしっとり、食欲の湧かない暑い日にもほっと一息つける、上品でさっぱりとした甘さです。

 

さわやかな抹茶餡、ほっこり小豆つぶ餡、二つの味をご用意しました。冷蔵保存で5日間の賞味期限です。冷凍庫でしたら1ヶ月保存できます。お値段は1つ140円、ギフトは8つ、箱入り1,296円です。

 


イタリアンのシェフとコラボしました

千葉の浜野にありますイタリアンレストラン【リストランテ コルネット】の工藤シェフと新しいスウィーツを共同開発しました。保存料や着色料などを一切使わず、石臼挽きの上質な抹茶だけを使用した《抹茶ビスコッティ》(イタリア語でビスケットの意味)です。

シェフと私の熱い思いの込もった、手作りのお菓子です。千葉県産落花生の香ばしい風味も加わって、お茶本来の味をお楽しみいただけます。

セール期間中、本店ではご試食を行っています。お茶屋が薦める、ほんとうの抹茶の風味を満喫して頂ければ幸いです。


1

カテゴリー

 

おすすめ記事

アーカイブ

稲毛のおすすめ

モバイル版

qrcode

広告